そのファスナー、修理できます! 【修理の種類とパーツの名前】

2020.10.14

こんにちは。リペアスタジオREFINEです。

                       

バッグや財布のファスナーが閉まらなくて、使えなくなっていませんか?

お店に相談したいけど、パーツの名前がわからず説明にお困りではありませんか?

                       

今回は、ファスナー修理と意外と知らない各パーツについてのおはなし。

                       

「ファスナーの引っ張るところが取れたけど、ここの名前は?」

「閉じても噛み合わないで開いちゃうんだけど、これって直る?」

                       

ファスナーについてお悩みの方、このおはなしを読み終えたときには解決していること間違いなしです!

                       

                       

1.そもそも、ファスナーって何?

                       

                       

<Please fasten a seat belt.>

飛行機で良く聞くフレーズですね。

実はこの「fasten」がファスナーの語源。

ファスナーとは「締めるもの」という意味を持ち、構造上3つに分けられます。

                       

工業用ではボルトや釘、衣料用ではスナップボタンなど、点で留めるタイプの「点ファスナー」

いわゆるマジックテープと呼ばれる、面で留めるタイプの「面ファスナー」

一般的にファスナーやチャック、ジッパーとして知られている「線ファスナー」

                       

ちなみにジッパーというのは、1921年にアメリカのメーカーが使用したことにより広まったそう。

また、チャックは完全なる和製英語で、「巾着(きんちゃく)」からもじって作られた造語です。

ここからは、線ファスナーのことを「ファスナー」とし、おはなしを進めていきます。

                       

                       

2.ファスナーについてご説明します

2-1.写真でみるパーツの名前

よく見ると沢山のパーツからできているファスナー。

それぞれの名前についてご紹介します。

                       

スライダー

                       

<動く部分がスライダー>

                       

                       

エレメント/ファスナーテープ

                       

<噛み合うパーツをエレメント、エレメントがついている部分をファスナーテープと呼びます
写真:オレンジ部分がエレメント、黄色点線の部分がファスナーテープ>

                       

                       

引手(別名:ファスナートップ)

                       

<スライダーについている、引っ張る部分は引手>

                       

写真には金属タイプのみ載っていますが、革やその他の素材で作られたものもあります。

素材によって強度は異なりますが、力がかかる部分なので、スライダーとの接続部分(輪っかの部分)が折れてしまうことが多いですね。

                       

                       

上止め/下止め

最後まで閉めようと思ったら、そのままスライダーが抜けてしまった…なんてことありませんか?

それは、おそらく上止めと呼ばれるスライダーのストッパーとなるパーツが外れてしまったからでしょう。

このように、上止め/下止め、は「ファスナーテープからスライダーが抜けてしまうのを防ぐため」つけるパーツです。

エレメントの始まり部分と終わり部分に、ファスナーテープを挟み込んで潰すように取り付けます。

                       

<潰す前の上止め>
<潰す前の下止め>
<上止めをつけた状態>
<下止めをつけた状態>

                       

                       

2-2.エレメントの素材は、分けると大きく3つ

メタル(金属)

                       

                       

昔からあるタイプで、エレメントが金属でできているファスナーの総称。

しっかりしたバッグ、ポーチ、ジャンバーなどに使用されます。

エレメント部分は丹銅・洋白・アルミなどで作られており、厚手の生地や金属の風合いを生かしたデザインの商品向けです。

                       

                       

コイル(樹脂)

エレメントが樹脂でできたファスナーの総称。

さらに、特徴によって大きく3つに分けることができます。

                       

①スタンダード

金属ファスナーやビスロンより柔軟性があり、全般的にどの箇所でも使用できます。

                       

②コンシールファスナー

エレメント部分を隠せるのが特徴。

閉じた際にエレメントが見えないので、ワンピースやドレスなどレディース商品で登場頻度が高い傾向にあります。

                       

③止水ファスナー

テープ部分にポリウレタンフィルムをラミネートし、止水性を持つファスナー。

バッグ・スポーツタイプの服などに使用されることが多い印象です。

                       

↓止水ファスナーを使用した商品のお修理紹介↓

「ベルルッティのポーチを修理しました!知ってほしいベルルッティの魅力と、止水ファスナーのおはなし」

止水ファスナーについてもっと詳しく知りたい方は是非ご覧ください!

                       

その他、EFLONファスナー(エレメントを直接テープに織り込み、通常のコイルファスナーより薄くて耐久性に優れている)、FLATKNITファスナー(ニットテープにエレメントを編み込み、薄さと柔らかさを実現したファスナー)などもあります。

                       

                       

ビスロン

                       

                       

別名はプラスチックファスナー。

樹脂をエレメントとして「射出成型」したファスナーのことを指します。

射出成型とは、熱して溶かした材料を金属でできた型に送り込み、冷やし固めることによって完成品を得る方法。

樹脂に顔料を直接練り込み、テープとエレメントのカラーに差をつけることなく作製できるので、色の種類が豊富という特徴があります。

加えて、生地に色を合わせやすいというメリットも。

また、動きが滑らかなのでブルゾンやパーカー、バッグなど使用用途は多いです。

                       

                       

2-3.メーカー別のスライダー紹介

YKK

                       

                       

日本を本拠地とした世界一のファスナーメーカー。

ご自分の洋服やバッグについているファスナーを見てみてください。

スライダーや引手に「YKK」というロゴが刻印されていませんか?

YKKは、日本で95%、世界でも45%のシェアを誇り、比較的安価な値段で手に入れることができます。

一方で、エレメントが一つ一つ研磨され圧倒的な滑らかさが特徴の「エクセラ」という高級ファスナーもあります。

                       

                       

Lampo(ランポ)

                       

                       

LANFRANCHI社のファスナーメーカー。

1887年創業の歴史あるイタリアの会社で、有名ブランドでも多く使用されています。

輝くようなメッキ加工とカラーバリエーションの豊富さから、世界一美しいファスナーと言われることも。

個性的なデザインのファスナーも数多く取り扱っています。

                       

                       

riri(リリ)

                       

                       

1923年にドイツで創業。

スイスのブランドですが、社名の由来はドイツ語の凹凸を表す「rille und ripp」からきているそう。

YKKの10~20倍ほどの価格が相場ですので比較的高価な傾向にありますが、その美しさは必見です!

                       

                       

RACCAGNI(ラッカーニ)

                       

                       

1983年創業イタリアのファスナーメーカー。

美しいメッキとスライダーの特徴的な形状で、今勢いのあるメーカーです。

国内では扱っているところは少ないのが現状ですが、当社も含め今後に注目している企業も多いのではないでしょうか。

                       

                       

2-3.スライダーのつくりは2種類

ロック機能付き

スライダーの内側に爪があり、ロックのかかるスライダー。

引手を持ち上げるとロックが解除されるオートマチックタイプや、引手を倒した状態だと開かないジーンズ用スライダーなど、多くの種類があります。

このタイプは、スライダーのみを動かしたり、ファスナーテープを左右に引っ張っても開きません。

勝手に開いてしまうのを防いでくれるため、衣料で使用されることが多いですね。

                       

                       

                       

ノンロック

テープを左右に引っ張ると自然にファスナーを開くことができるタイプ。

バッグ等で使用されることが多いです。

                       

                       

                       

3.ファスナー修理ってどんな種類があるの?

当社ではファスナー関連の修理も良くお受けします。

そこで、考えられるファスナーのトラブルをまとめてみました。

                       

◆スライダー ファスナーテープから抜けた
引手が取れた
動きが固い
動かない
生地を噛んでしまった
◆ファスナーテープ ほつれた
穴が開いた
◆エレメント 数個取れた
閉まらない
かみ合わせがずれてしまう
◆上止め/下止め 上止め/下止めが取れた

                       

今まさにお困りの状況に当てはまるものは、ありましたか?

それぞれの症状、どのような原因によって引き起こされ、どのように修理するのか、代表的な例を見ていきましょう。

                       

3-1.スライダーのお修理

スライダーがファスナーテープから抜けてしまった

バッグを閉めようと端まで動かしたら、そのままスライダーだけ取れてしまったこと、ありませんか?

スライダーが抜けてしまう原因の一つは、ストッパーとなる上止め/下止めが取れてしまったから。

つまり、エレメントがずれないようにスライダーを入れなおし、新しいパーツを付けることで再び使えるようになります。

                       

スライダーから引手が取れた

                       

                       

上は、引手が付いた状態のスライダー写真。

バッグでも財布でも、日常的に使用していると緑で囲っている部分の隙間は必ず開いてきてしまいます。

その隙間が引手の厚みより大きくなると、「引手が抜けてしまった!」というトラブルが発生。

しかしこれを言い換えると、引手丸ごとスライダーから抜けた場合は、入れなおして隙間を締めれば再び使用できる、ということです。

しかし、ここで注意しなければいけないポイントが1つ。

隙間を締める際に力のかけ方を間違えると、スライダーに傷が入ったり最悪折れてしまう可能性があります。

自分でやってみよう!という方は十分お気を付けください。

                       

さて次に、引手が折れてしまったり歪んでしまった場合。

これは、引手の交換になります。

REFINEでは金属製の引手の在庫を多く取り揃えており、また、革製の引手ならば職人の高い技術力をもって似寄りの革で再現することが可能。

実際に革引手を作製したお修理品のBefore After写真がこちらです。

                       

                       

左がお預かり時に添付していただいた元の引手(Before)、右がREFINEにて作製し取り付けが完了した引手(After)。

使用する革の質感はもちろん、ステッチに使用する糸やコバの色にもこだわって作製されています。

ブランド品についている引手は、ブランドコンセプトに基づいて作られた特別なもの。

なるべく元の雰囲気を壊さないよう、一つ一つの商品ごとに丁寧に作製しています。

                       

スライダーの動きが固い/動かない

スライダーはエレメントを挟む形で動く構造です。

つまり「動きが悪い」ということは、エレメントとスライダーの摩擦が強すぎるという状態。

摩擦を解消してあげれば、するするとスムーズに動くようになります!

                       

スライダーに生地が噛んでしまった

REFINEでも多い「布などがエレメントとスライダーの間に入り込んでしまった」というご相談。

いわゆる、「ファスナーが噛んでしまった」状態です。

ただ布を外せばいいだけじゃないの?それなら家でもできるのでは?

と思われた方、いるかもしれません。

確かに結果的に布を外す作業になるのですが、その際には細心の注意を払わなければならないのです。

なぜなら、ただ引っ張っただけでは噛んでいる布が小さく破れて余計取り除きにくくなってしまったり、引っ張る力がかかることでスライダーやエレメントが破損してしまう可能性があるから。

とても慎重に、繊細な作業を進める必要があります。

                       

                       

3-2.ファスナーテープのお修理

ファスナーテープと本体を縫っている糸がほつれた

バッグや財布本体とファスナーはステッチによって縫い付けられています。

なにか衝撃を受けた場合や、使用年数、使用環境など様々な要因によって、ステッチに使用されている糸が切れてしまうことがあります。

そして、最初は一部だったのにいつの間にかどんどんほつれ範囲が広がって…なんてことも。

REFINEでは、ハイブランドが使用しているメーカーと同じ糸を使っています。

加えて、ほつれた糸に最適な処理を施し十分な強度を確保したうえでお客様へとお返ししていますので、修理後も安心してご使用いただけます!

                       

ファスナーテープに穴が開いてしまった

この場合はシンプルに、「ファスナーごと交換」となります。

                       

<REFINEの豊富なファスナー在庫>

                       

たくさんある候補の中から元に近いものを選び取り付けますので、印象を大きく変えることなくご使用いただけます。

                       

                       

3-3.エレメントの修理

エレメントが取れてしまった

エレメントはスライダーのレールとなる重要なパーツ。

それが取れてしまった場合は、「ファスナーテープに穴が開いてしまった」場合と同じく、「ファスナーごと交換」となります。

                       

エレメントが閉まらない

あれ?閉めているはずなのに、閉まっていない!

これもファスナー関連でよくあるトラブル。

経年変化によりエレメント自体に不具合が出ることもあります。

                       

↓経年変化によるファスナー交換修理例↓

「ファスナーが閉まらなくなってしまった方必見です!~カルティエのお修理~」

                       

しかし、閉まらない原因がスライダーにある場合も多いです。

                       

                       

上にスライダーの簡単な構造図を載せました。

                       

ファスナーが開くのは、支柱によってエレメントが左右に割られていくから

ファスナーが閉まるのは、ガイド(緑点線でかこまれた部分)でエレメント同士が組み合わされるから

                       

ファスナーの開け閉めは、このような仕組みになっています。

つまり、閉まらなくなった=エレメントが組み合わされなくなった、ということですので、スライダーの調整で改善することができます。

                       

ここまで、REFINEの代表的なファスナー修理を「単体」で載せてきました。

しかし実際にお預かりする商品は、いくつかのトラブルが複雑に組み合わさっていることが大半。

だからこそ、私たちREFINEは「修理とは~である!」という決めつけはせず、お預かりした商品の数だけ修理方法はあると考えています。

他社で「これは無理です」とお断りされた商品でも、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

詳しい修理内容は実際の商品を見てのご提案となりますが、専門の職人が全力を尽くし「大切なもの」を蘇らせます!

                       

                       

                       

4.まとめ

今回のまとめです。

●ファスナーとは、「締めるもの」という意味の言葉。一般的に「ファスナー」と呼ばれているのは「線で留めるタイプ=線ファスナー」

●ファスナーは、スライダー、エレメント、引手、ファスナーテープ、上止め/下止め、など様々なパーツから成り立っている

●ファスナーは素材別に大きく分けると、メタル、コイル、ビスロン

●スライダーを作っている代表メーカーはYKK、LAMPO、riri、RACCAGNIなど

●スライダーは構造で分けると、引手を引くことで動かせる「ロック機能付き」と、そのまま開ける「ノンロック」の2種類

●REFINEでは多くのファスナー修理を承っています。商品の状態に合わせて、さまざまな修理方法を提案させていただきます

                       

「まさにそれが知りたかった」

「この状態でも修理できるんだ」

                       

このPageを通し、1人でも多くの方にそう思っていただけたら幸いです。

                       

それでは、また次のPageでお会いしましょう。

Page.13:renew

PAGETOP