ファスナーは大きく分けて3種類!各パーツの名称も解説します

2020.10.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。リペアスタジオREFINEです。

                      

バッグや財布のファスナーが閉まらなくて、使えなくなっていませんか?

お店に相談したいけど、パーツの名前がわからず説明にお困りではありませんか?

                      

今回は、ファスナー修理と意外と知らない各パーツについてのおはなし。

                      

「ファスナーの引っ張るところが取れたけど、ここの名前は?」

「閉じても噛み合わないで開いちゃうんだけど、これって直る?」

                      

ファスナーについてお悩みの方、このおはなしを読み終えたときには解決していること間違いなしです!

                      

                      

1.そもそも、ファスナーって何?

                      

                      

<Please fasten a seat belt.>

飛行機で良く聞くフレーズですね。

実はこの「fasten」がファスナーの語源。

ファスナーとは「締めるもの」という意味を持ち、構造上3つに分けられます。

                      

工業用ではボルトや釘、衣料用ではスナップボタンなど、点で留めるタイプの「点ファスナー」

いわゆるマジックテープと呼ばれる、面で留めるタイプの「面ファスナー」

一般的にファスナーやチャック、ジッパーとして知られている「線ファスナー」

                      

ちなみにジッパーというのは、1921年にアメリカのメーカーが使用したことにより広まったそう。

また、チャックは完全なる和製英語で、「巾着(きんちゃく)」からもじって作られた造語です。

ここからは、線ファスナーのことを「ファスナー」とし、おはなしを進めていきます。

                      

                      

2.ファスナーについてご説明します

2-1.写真でみるパーツの名前

よく見ると沢山のパーツからできているファスナー。

それぞれの名前についてご紹介します。

                      

スライダー

                      

<動く部分がスライダー>

                      

                      

エレメント/ファスナーテープ

                      

<噛み合うパーツをエレメント、エレメントがついている部分をファスナーテープと呼びます
写真:オレンジ部分がエレメント、黄色点線の部分がファスナーテープ>

                      

                      

引手(別名:ファスナートップ)

                      

<スライダーについている、引っ張る部分は引手>

                      

写真には金属タイプのみ載っていますが、革やその他の素材で作られたものもあります。

素材によって強度は異なりますが、力がかかる部分なので、スライダーとの接続部分(輪っかの部分)が折れてしまうことが多いですね。

                      

                      

上止め/下止め

最後まで閉めようと思ったら、そのままスライダーが抜けてしまった…なんてことありませんか?

それは、おそらく上止めと呼ばれるスライダーのストッパーとなるパーツが外れてしまったからでしょう。

このように、上止め/下止め、は「ファスナーテープからスライダーが抜けてしまうのを防ぐため」つけるパーツです。

エレメントの始まり部分と終わり部分に、ファスナーテープを挟み込んで潰すように取り付けます。

                      

<潰す前の上止め>
<潰す前の下止め>
<上止めをつけた状態>
<下止めをつけた状態>

                      

                      

2-2.エレメントの素材は、分けると大きく3つ

メタル(金属)

                      

                      

昔からあるタイプで、エレメントが金属でできているファスナーの総称。

しっかりしたバッグ、ポーチ、ジャンバーなどに使用されます。

エレメント部分は丹銅・洋白・アルミなどで作られており、厚手の生地や金属の風合いを生かしたデザインの商品向けです。

                      

                      

コイル(樹脂)

エレメントが樹脂でできたファスナーの総称。

さらに、特徴によって大きく3つに分けることができます。

                      

①スタンダード

金属ファスナーやビスロンより柔軟性があり、全般的にどの箇所でも使用できます。

                      

②コンシールファスナー

エレメント部分を隠せるのが特徴。

閉じた際にエレメントが見えないので、ワンピースやドレスなどレディース商品で登場頻度が高い傾向にあります。

                      

③止水ファスナー

テープ部分にポリウレタンフィルムをラミネートし、止水性を持つファスナー。

バッグ・スポーツタイプの服などに使用されることが多い印象です。

                      

↓止水ファスナーを使用した商品のお修理紹介↓

「ベルルッティのポーチを修理しました!知ってほしいベルルッティの魅力と、止水ファスナーのおはなし」

止水ファスナーについてもっと詳しく知りたい方は是非ご覧ください!

                      

その他、EFLONファスナー(エレメントを直接テープに織り込み、通常のコイルファスナーより薄くて耐久性に優れている)、FLATKNITファスナー(ニットテープにエレメントを編み込み、薄さと柔らかさを実現したファスナー)などもあります。

                      

                      

ビスロン

                      

                      

別名はプラスチックファスナー。

樹脂をエレメントとして「射出成型」したファスナーのことを指します。

射出成型とは、熱して溶かした材料を金属でできた型に送り込み、冷やし固めることによって完成品を得る方法。

樹脂に顔料を直接練り込み、テープとエレメントのカラーに差をつけることなく作製できるので、色の種類が豊富という特徴があります。

加えて、生地に色を合わせやすいというメリットも。

また、動きが滑らかなのでブルゾンやパーカー、バッグなど使用用途は多いです。

                      

                      

2-3.メーカー別のスライダー紹介

YKK

                      

                      

日本を本拠地とした世界一のファスナーメーカー。

ご自分の洋服やバッグについているファスナーを見てみてください。

スライダーや引手に「YKK」というロゴが刻印されていませんか?

YKKは、日本で95%、世界でも45%のシェアを誇り、比較的安価な値段で手に入れることができます。

一方で、エレメントが一つ一つ研磨され圧倒的な滑らかさが特徴の「エクセラ」という高級ファスナーもあります。

                      

                      

Lampo(ランポ)

                      

                      

LANFRANCHI社のファスナーメーカー。

1887年創業の歴史あるイタリアの会社で、有名ブランドでも多く使用されています。

輝くようなメッキ加工とカラーバリエーションの豊富さから、世界一美しいファスナーと言われることも。

個性的なデザインのファスナーも数多く取り扱っています。

                      

                      

riri(リリ)

                      

                      

1923年にドイツで創業。

スイスのブランドですが、社名の由来はドイツ語の凹凸を表す「rille und ripp」からきているそう。

YKKの10~20倍ほどの価格が相場ですので比較的高価な傾向にありますが、その美しさは必見です!

                      

                      

RACCAGNI(ラッカーニ)

                      

                      

1983年創業イタリアのファスナーメーカー。

美しいメッキとスライダーの特徴的な形状で、今勢いのあるメーカーです。

国内では扱っているところは少ないのが現状ですが、当社も含め今後に注目している企業も多いのではないでしょうか。

                      

                      

2-3.スライダーのつくりは2種類

ロック機能付き

スライダーの内側に爪があり、ロックのかかるスライダー。

引手を持ち上げるとロックが解除されるオートマチックタイプや、引手を倒した状態だと開かないジーンズ用スライダーなど、多くの種類があります。

このタイプは、スライダーのみを動かしたり、ファスナーテープを左右に引っ張っても開きません。

勝手に開いてしまうのを防いでくれるため、衣料で使用されることが多いですね。

                      

                      

                      

ノンロック

テープを左右に引っ張ると自然にファスナーを開くことができるタイプ。

バッグ等で使用されることが多いです。

                      

                      

                      

3.ファスナー修理ってどんな種類があるの?

当社ではファスナー関連の修理も良くお受けします。

そこで、考えられるファスナーのトラブルをまとめてみました。

                      

◆スライダーファスナーテープから抜けた
引手が取れた
動きが固い
動かない
生地を噛んでしまった
◆ファスナーテープほつれた
穴が開いた
◆エレメント数個取れた
閉まらない
かみ合わせがずれてしまう
◆上止め/下止め上止め/下止めが取れた

                      

今まさにお困りの状況に当てはまるものは、ありましたか?

それぞれの修理方法や料金を詳しく知りたい方は、「修理店に持ち込む前に知っておきたい!ファスナー修理8つの方法」というコンテンツを是非チェックしてください!

                      

修理店に持ち込む前に知っておきたい!ファスナー修理8つの方法

                      

修理専門店として出せる情報全てを出し切って作成したので、あなたにとって有益な情報が見つかるはずです!

                      

4.まとめ

今回のまとめです。

●ファスナーとは、「締めるもの」という意味の言葉。一般的に「ファスナー」と呼ばれているのは「線で留めるタイプ=線ファスナー」

●ファスナーは、スライダー、エレメント、引手、ファスナーテープ、上止め/下止め、など様々なパーツから成り立っている

●ファスナーは素材別に大きく分けると、メタル、コイル、ビスロン

●スライダーを作っている代表メーカーはYKK、LAMPO、riri、RACCAGNIなど

●スライダーは構造で分けると、引手を引くことで動かせる「ロック機能付き」と、そのまま開ける「ノンロック」の2種類

●REFINEでは多くのファスナー修理を承っています。商品の状態に合わせて、さまざまな修理方法を提案させていただきます

                      

「まさにそれが知りたかった」

「この状態でも修理できるんだ」

                      

このPageを通し、1人でも多くの方にそう思っていただけたら幸いです。

                      

それでは、また次のPageでお会いしましょう。

Page.13:renew

大切な持ち物の修理で、お困りではありませんか?


・修理専門店がたくさんあって、どこを選んだらいいかわからない…

・お店では修理を断られた靴やバッグがあるけど、これからも使い続けたい!

・自分の靴やバッグが直るかどうか、判断がつかない…

そんな悩みをお持ちの方は、修理歴30年以上の職人を中心としたプロ集団
“リペアスタジオREFINE”へお任せください!

・画像による無料ネット見積で、「修理できるかどうか」から「修理詳細(内容・料金・納期)」までご連絡

・実績に基づいた適正価格で、お客様の目的にあった修理内容をご提案

・業界でも群を抜いた技術力で、必ずご満足いただける仕上がり

・お預かりから1~2週間でご自宅へお届け


“リペアスタジオREFINE”はあなたの持ち物を「復元」します。
是非お気軽にご相談ください!(見積は無料です)


PAGETOP